note.jpg アクサダイレクト評判     note.jpg 損保ジャパン評判

2010年06月18日

あいおい損保・・・評判以前に違いをおさらい

あいおい損保、特に評判についてこれまでいろいろと説明してきました。

いい評判も悪い評判もありました。
いい評判としては、トヨタ系列の自動車保険会社なので、
日本各地に拠点があり、事故をした際も安心できるという点。

悪い評判としては、事故対応が粗末ということがありました。
(前回の記事でまとめてあるので、それらを見ていただけると幸いです。)


また、IAP-Fとトップランの違いについてもいろいろと説明してきました。

IAP-Fは自分で最低限の保険にオプションを付けていくというイメージ、
トップランは、パック保険のようなもので、必要とおもわれる保険が
全て含まれています。

なので、車を買ったばかりで保険についてあまりよく知らないという人は、
トップランをオススメします。
車を所有して10年以上たつという人は、ある程度自動車保険の知識もあるでしょうから、
そういう方にはIAP-Fをお勧めします。
詳しくは、以前の記事を参照ください。


さて、今回はそもそも論の「通販型」と「店舗型」の2つの違いについて、
詳しくお話ししたいと思います。

一般論として、保険料は「通販型」のほうが「店舗型」よりも
安価ということが挙げられます。

事故に合った際に、「店舗型」の場合は、実際にその保険会社が立ち会い検証をします。
しかし、「通販型」の場合は、提携店に丸投げします。

ココがポイントなんですね。

「通販型」に代理店がないということは、事故をした際に、
親身になって相談できる人がいないということになってしまいます。

これは致命的ですよね。
普通生きている間に事故に合うのなんて1回か2回でしょう。
そんな人生の一大事に、相談できる人がいない・・・・。

これほど心細いこともないでしょうね。
安い保険料を取るか・・・もしもの時の安心を取るか・・・・

それは、あなたの自由ですが、
事故をしてしまってから後悔しても遅いですよ^^
ってことですね。


なんだか脅迫しているようなことを言ってしまいましたが、
実際に事故が起きてから気づいても遅いことなので、
多少危機感を強調して見ました。
posted by あいおい at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。