note.jpg アクサダイレクト評判     note.jpg 損保ジャパン評判

2010年04月05日

あいおい損保の評判3

あいおい損保評判をあれから調べてみましたが、
なかなかよろしくない評判も結構出てきました。

事故をした際に、停車中だったのに、
なぜクラクションを鳴らさなかった?や、
回避できただろう?などということを言ってくる。

タクシーの開いたドアにあたってしまったとき。
過失相殺はする気がないし、事故対応も、まるで被害者を逆なでするよう。

子供が事故に合ったとき、
こちらの感情を全く考えずに、高慢な態度。

まだまだあいおい損保の評判はありますよ。

仕事で日中は電話ができないといっても、
何度も日中に電話してくる。

ぶつけられたのに一歩も引かず、
すぐに、「訴訟」や「弁護士」という言葉を出す。

事故対応が遅く、書類を二回もミスでなくされた。
電話をしても、笑いながら再送しますというだけ。

軽い接触事故のはずが、担当者の対応が遅く、
示談に半年もかかった。

などなど、あいおい損保の評判は結構悪い評判が多いです。
今までは、いい評判を意識的に集めてきましたが、

これからは、悪い評判もどしどし載せていこうと思います。

大体見た感じでは、
いい評判よりは悪い評判のほうがある気がしますし・・・
調べた印象では、いい評価:悪い評価=6:1くらいの印象です。

ただ、今回載せた悪い評判は、
大体が、事故相手の車の保険会社があいおい損保だった
というパターンなので、

自分があいおい損保に入るかどうかというのは、
関係ないクチコミ・評判だったかもしれません。

ただ、関係ないといっても、
知らないよりは知っているほうがいいと思うので、
そういった情報も載せていこうと思います!

posted by あいおい at 22:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

あいおい損保の評判2

あいおい損保評判は前回の記事でも特集しました。
その時に主に目立ったのは、
トヨタ車ならあいおい損保がオススメということでした。
そもそもあいおい損保はトヨタ系列の企業合併してできた企業なので、
トヨタ車を買う際に保険加入に勧められますし、
サポート拠点も全国にあるので安心してサービスを受けられる
というものでした。

今回は、また違ったあいおい損保の評判をご紹介しようと思います。
あいおい損保では、二通りのサービスが受け取れます。
(トップランとiap-fの違いとはまた別で、
このサービスはトップランのみのサービスになります。)
二通りとは、「車のみのサービス」か「車と暮らしのサービス」
の違いです。

車のサービスは「ロードアシスタンスサービス」といい、
バッテリー上がり、ガス欠、
タイヤパンク時のタイヤ交換、鍵開けなどがあります。

対して、車と暮らしのサービスは、
レッカーサポートサービス」と「住まいの現場急行サービス
の二本柱で成り立っています。
「レッカーサポートサービス」では、
最寄りのあいおい損保の修理工場まで無料でレッカー移動してもらえます。
「住まいの現場急行サービス」では、
トイレのつまり、排水管つまり、排水管あふれ、
玄関の鍵開けなどのサービスがあります。

これら二つのサービスが選べるというのも、
あいおい損保の評判がいいということにつながっています。
どちらかというと、私の場合は「ロードアシスタンスサービス」
のほうがいいかなという印象です。
JAFにお願いすると1万円は軽く飛んでいきそうな内容を
無料で行ってくれるので。

保険料だけで見ると、通販型に比べると割高ですが、
補償内容や、事故対応についてのクチコミなどの評判を考慮すると、
あいおい損保が最適なのではないかと思います。
posted by あいおい at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

あいおい損保の評判

あいおい損保評判で目立つ評判は、
トヨタ車ならかなりオススメ!というものです。

あいおい損保とは、
トヨタ系損保の「千代田火災」と「大東京火災」が合併してできた会社です。
その関係で、トヨタ関係の全国のディーラーが代理店になっているので、
事故対応などもスムーズにいくという評判が多いです。
特に、トヨタ車ならあいおい損保ということは多く見かけるので、
トヨタ車をお持ちなら、あいおい損保で決定でしょう。
ただ、逆にトヨタ車でなければ、
手厚い保障は受けられないのかもしれません。

また、あいおい損保の合併元である「大東京火災」は、
いろいろなうわさがあります。
美術品の保険金を詳細な説明なく契約させ、
挙句には保険金は出せないという。
これは、美術品の保険と自動車保険ですから、
もともと性質の違うものですが、

事故対応などは通じるものがあります
そういうことも考慮してあいおい損保の評判を見極めたいですね。

また、保険契約を途中で解約すると違約金がとられます。
ある人は、数年契約のところ、1年で解約しようとしたら、
10万円の違約金を請求されたというらしいです。


あいおい損保にはトップランとiap-fがあります。
どちらにするかも契約者しだいですが、
初心者にはトップラン、
自動車保険に詳しい人はiap-fがいいといわれています。
一概には言えませんが、
たいていはiap-fのほうが保険料はお安くなります。
ただ、iap-fは通販型自動車保険のように、
最低限の補償のほかは自分の必要な保険を組み合わせる
ということになるので、
あまり知識や経験のない人がIAP-Fにすると痛い目を見るかもしれません。
なので、はじめはトップランとiap-fの違いを
しっかり見極めることが肝要です。
posted by あいおい at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする